MENU

NAOTO INTI RAYMI PROFILE

■ナオト・インティライミとは?

8月15日三重県生まれ、千葉県育ち。

世界66カ国を一人で渡り歩き、各地でLIVEを行い、世界の音楽と文化を体感。

『インティ ライミ』とは南米インカの言葉で『太陽の祭り』を意味する。

自らのソロ活動の他、コーラス&ギターとして Mr.Childrenツアーサポートメンバーに抜擢され、知名度を上げていく。2010年にメジャーデビュー。

「タカラモノ ~この声がなくなるまで~」、「今のキミを忘れない」では100万ダウンロードを超えるヒット。2012年リリースの3rdアルバム「風歌キャラバン」は自身初となるオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得。同年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。 2015年には15thシングル「いつかきっと」が資生堂シーブリーズCM楽曲タイアップとなり、6月には初のベストアルバム「THE BEST!」が発売。年末には自身初となる大阪、京セラドームでのLIVEも行い4万人の観客と共に大成功のうちに収める。

2016年7月リリース18thシングル「Overflows〜言葉にできなくて〜」はフジテレビ系「痛快TV スカッとジャパン 胸キュンスカッと」テーマソングとしても起用され、配信開始と共に主要配信9サイト・18部門で1位を獲得し、iTunes・レコチョク・歌ネットなどでは週間ランキング1位を獲得。

2017年もう一度自分の原点に戻るための旅に出ると宣言し、世界19ヵ国の旅を経て7月10日のスペシャルLIVE「ナオトの日」にて完全復活。

俳優活動としてはTBSドラマ「コウノドリ」にも出演を果たした。

2018年3月からは自身初となる「全国47都道府県弾き語りツアー」を開催し無事に完走。12月には7枚目のアルバム「7」を発売し、年末には約3年ぶりのドーム公演もナゴヤドームにて開催した。

2019年8月には22ndシングル「まんげつの夜」がフジテレビ「痛快TVスカッとジャパン“ファミリースカッと”」のテーマ曲に起用され、9月からは31公演のホールツアーを開催。
また世界三大レーベルのうちのひとつである「ユニバーサルミュージック ラテン」から「Naoto」名義で世界デビューした。

そして今年、予定していたデビュー10周年企画「10周年!アニバーサリーおまっとぅりYEAR」を2021年に、まるっと1年延期することを発表した。


  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019